包茎手術をする前に!自分はどの包茎タイプ?

男性の多くが抱えている悩みがあります。
それは「包茎」という悩みです。

デリケートな悩みであることからなかなか人に相談したり打ち明けたりすることができません。
そのため一人で抱え込んでしまい精神的にどんどん弱くなってしまうことがあります。
当然コンプレックスになってしまえばいろんな場面で消極的になってしまうことは間違いないでしょう。

もちろんそういった精神的リスクをもたらすだけではありません。
包茎であることによってさまざまな身体的リスクももたらしてしまいます。

そのリスクをなくすためには自分の包茎タイプを知り、適切な治療また包茎手術を受けることが大切です。


自分がどのタイプなのか知ろう

包茎と言ってもいろんなタイプがあります。
そのタイプや状態によっては包茎手術をしなくても大丈夫なケースもあります。

もちろん反対に包茎意味を知って早期治療が必要になる場合もあります。
そのためにもまずは自分の包茎タイプを知ろう。

仮性包茎

包茎タイプの中でも特に日本人に多いと言われているのが仮性包茎です。
平常時は亀頭を包皮が覆っていますが、勃起すると自然にむけるというケースが多いです。
また手で簡単にむくことができる人がほとんどです。

ただ人によっては勃起しても亀頭を包皮が覆ったままという人もいるため、そういった人は手術が必要になるかもしれません。

カントン包茎

平常時でもなんとかむくことができるのがカントン包茎です。
包皮口が狭く人によっては無理をしないとむけません。

無理にむくと元に戻らなくなることもあります。
亀頭の根本が締め付けられ鬱血し、最悪の場合壊死してしまう可能性もあるので手術が必要です。

真性包茎

包皮口が非常に狭く、正常時でも亀頭を露出することができません。
人によっては亀頭と包皮が癒着してしまっているケースもあるようなので、早期手術が必要です。

そのまま放っておくと日常生活・性生活に大きな支障をもたらすことでしょう。

いずれにしても医療機関に相談を

いずれの場合でも医療機関に相談するのが良いです。
たとえ仮性包茎であっても、さまざまなリスクが考えられます。

衛生面などの問題も出てきますのでまずは相談だけでもしてみましょう。
一度医療機関などで状態を診てもらうことで手術が必要かどうかを知ることができます。。

不安要素をそのままにしておいても良いことは1つもありません。
精神的にも安心して毎日を送ることができるようになるためにも、まずは医療機関に足を運びましょう。

新着情報

◆2015/12/24
包茎手術をする前に!自分はどの包茎タイプ?の情報を更新しました。
◆2015/12/22
包茎にはいろんなタイプがあることをご存知ですか?の情報を更新しました。
◆2015/12/22
早期手術を!真性包茎のリスクを知っておこうの情報を更新しました。
◆2015/12/22
人にはなかなか言えない包茎という悩みを抱えているあなたへの情報を更新しました。
◆2015/12/22
仮性包茎の方必見!ほうっておくとどうなるの?の情報を更新しました。