包茎にはいろんなタイプがあることをご存知ですか?

男性にはなかなか人に言えない悩み事があります。
その中でも「性」に関する悩みはなかなか人に打ち明けられないことが多いようです。

例えば「包茎」という悩みを持った人がいます。
包茎というのはペニスの包皮が亀頭部分に覆いかぶさっている状態のことを言います。

男性にとってこれは恥ずかしいこととして捉えている人が多いです。
彼女ができても包茎だからなかなか積極的にセックスを誘うことができなかったり、友達と温泉に行くことですらためらってしまったりすることもあります。

そんな包茎にはいろんなタイプがあることをみなさんはご存知でしょうか。

一般的には仮性包茎がほとんど

意外にも日本人男性の多くは仮性包茎と呼ばれるタイプだそうです。
海外などでは生まれてすぐに包茎手術を行うところもあるようですが、日本にはあまりそういった習慣がありません。

人によっては一生包茎手術を受けることなく過ごしていく人もいます。
普段は皮が余っているけど勃起すると亀頭が露出するという人が多いです。
ですが中には勃起しても皮がかぶっているという人もいるようです。


カントン包茎というタイプもある

包茎タイプには「カントン包茎」と呼ばれるタイプも存在します。
これは平常時であればなんとか亀頭を露出させることができるタイプです。

ですが包皮の出口部分が狭くなっているので、人によっては平常時でもむくのが難しい場合もあります。
中には無理にむいてしまうことで亀頭の根本部分が締め付けられてしまうケースもあります。

最悪の場合大きく腫れてしまうこともあるので手術の必要が出てきます。

真性包茎は要手術

包茎タイプの中でも手術の必要性が高いのが「真性包茎」です。
包皮口が非常に狭くなっており平常時でも手でむくことが困難になっています。

人によっては包皮と亀頭が癒着を起こしてしまっているケースもあるようです。
常に亀頭が覆われてしまっているので亀頭の成長を阻害してしまいます。

まず正常なセックスを行うことは不可能です。