カントン包茎って何?あなたも実はこのタイプかも

男性の中には包茎で悩んでいる人がたくさんいます。
特に日本人男性の多くは包茎と言われているため、人知れず悩んでいる人はいることでしょう。

包茎とただ一口に言ってもいろんなタイプがあります。
包茎タイプは大きくわけて3つ。
仮性包茎・カントン包茎・真性包茎の3つです。

このページではカントン包茎にフォーカスしてお話していきたいと思います。
カントン包茎とはどういった状態のことを言うのでしょうか?

カントン包茎ってどんなもの?

男性の中にはその名称だけ聞いたことがあるという人もいるかもしれません。
ですが実際にどういった状態のことを指すのかはわからないという人がほとんどではないでしょうか。

状態としては仮性包茎と真性包茎の中間といった感じです。
具体的に説明すると平常時であればなんとか亀頭を露出させることができる状態です。
ですが包皮の出口が狭いので無理をしないとむけない場合があります。

そして無理をしてむくと包皮口が亀頭の根本を締め付けてしまうことがあるので要注意です。
最悪の場合元に戻すことができなくなり、大きく腫れ上がってしまうケースも少なくありません。


度合いによって危険性が変わる

カントン包茎にも軽度な状態と重度な状態があります。
軽度な状態で言えば、多少包皮による締め付けが窮屈に感じたり不快に感じたりする程度ですので、日常生活にはそれほど困らないことがほとんどです。

ですが重度の場合は違ってきます。
一刻も早い包茎手術が必要になることもあります。

例えば無理にむいてしまった際、包皮口が陰茎を圧迫することで亀頭が鬱血してしまうのです。
そして元に戻らなくなってしまいそのまま放っておくと鬱血した部分が壊死するというリスクが高くなります。

不意にむけてしまうことも

無理にむかないように気をつけていても、セックスをした際に不意にむけてしまう可能性もあります。

そうなってしまうとセックスどころではありません。
トラウマになってしまう前に包茎手術を受け悩み事を解消しておきましょう。