仮性包茎の方必見!ほうっておくとどうなるの?

男性の多くが抱えている悩み、それは「包茎」であるということです。
実は特に気にしていない人のなかにも包茎の人はたくさんいます。
そういった人の多くは「仮性包茎」と呼ばれるタイプであることがほとんどです。

日常生活には特に支障をきたすことはほとんどなく、セックスも正常に行える場合がほとんどです。
平常時こそ亀頭を包皮が覆っているという人もいますが、勃起すれば自然にむける人もいます。

ですが中には勃起してもほとんど皮をかぶったままという重度の仮性包茎の人もいるようです。
こういった仮性包茎を放っておくとどうなるのでしょうか?

仮性包茎がもたらすリスク

日本人の多くは仮性包茎と言われています。
ですがそのまま放っておくとさまざまなリスクをもたらす可能性があります。
例えばどういった可能性があるのか、以下にまとめてみました。

  • 普段からあまり亀頭が露出しないため、内側に恥垢などが溜まりやすい
  • 溜まった恥垢が酸化して悪臭を発するようになる
  • 亀頭の成長を遅らせてしまい先細りになりやすくなる
  • 亀頭に白いブツブツができやすくなる
  • 陰毛が包皮に絡まりやすくなる。陰毛が引っ張られ痛くなる
  • 絡まった陰毛が包皮を傷つけてしまうことがある

このようにザッと挙げただけでもたくさんのリスクが考えられるのです。


さらに放っておくとどうなる?

先ほど紹介した症状をさらに放っておくと、当然より悪化してしまうことになります。

  • 包皮や亀頭が炎症を起こしてしまう
  • 通気性が悪いのでばい菌の温床になってしまう
  • 性病にかかりやすくなってしまう

最初は1つだった悩みの種を増やしてしまうことになり兼ねないのです。

異性にも消極的になってしまう

真性包茎でも症状によっては異性に消極的になってしまうという問題点も挙げられます。
そうならないためにも包茎手術を検討するのが良いでしょう。

仮性包茎は状態によって包茎手術しなくてよい場合もあります。
まずは専門医に見てもらうことが大切です。